暮らしになじむ、米袋の日用小物

のちほど® の商品に使っているのは、お米屋さんからいただいた使い終わった米袋。
その米袋は、「伸張紙(しんちょうし)」という丈夫な紙が3層になっている特別な袋で、積み上げて運んでも破けない知恵がつまっています。
役目を終えた米袋を解体して丁寧にお掃除したあと、昔ながらの天然塗料である「柿渋」を加工すると、水に強く、色の変化を楽しめる素材として生まれ変わります。
この米袋と、畳べりや布を組み合わせた商品は、どこか懐かしく、そしてポップな印象のデザインとなっています。
いつも食べているお米を運んでくれる米袋が、暮らしになじむ日用小物に変身。
あなたの生活に彩りを与えることを願って。

  • 米袋を切ります。
  • 柿渋を塗って乾かした米袋が素材となります。
  • 柿渋を塗ります。
  • 畳べりです。
  • 米袋と畳べりや布を縫いあわせます。
  • タグを取り付けます。
  • くるくる留めの革を型抜きします。
  • くるくる留めを取り付けて・・・
  • 出来上がり。

昔・今・のちほど… 時を架ける手仕事

左:山本/右:多田

ものづくりが好きという共通点で意気投合した多田と山本。
2015年に「福わけはんこ」を立ち上げ、ユニットとしての活動を始めました。
その後、「一閑張り」という伝統工芸をきっかけに、現在のブランド のちほど® の商品に繋がる発想を得ました。

多田は8年間オリジナルTシャツ制作会社での勤務経験を活かしてデザイン担当、山本は臨床検査技師と兼業しながら制作を担当。
「会話が生まれる」をキーワードにものづくりを行っています。

2017/04/01

のちほど® 創業

2018/06

「minneとものづくりと」で「会話が生まれる、米袋の名刺入れ」紹介

2018/12/06

minneハンドメイドアワード2018の最終ノミネート作品に選出

2019/05

「月間文具」に掲載

2019/09/03~09/06

東京インターナショナル・ギフト・ショー内の「ACTIVE CREATORS」に出展

2019/10/05~12/01

青森県立美術館の企画展「青森EARTH2019 いのち耕す場所」の期間中にミュージアムショップで販売

のちほど® の商品をお取り扱いいただけるお店を募集しています。

詳細はこちら

  • Facebookページへ
  • Twitterへ
  • Instagramへ